ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器

ノリタケ(Noritake) 大倉陶園と有田焼 清水焼などの陶器と磁器について

ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 のサイトでは日本を代表する陶磁器メーカーであるノリタケと大倉陶園について、また有田焼 清水焼などの陶器 磁器の違いと見分け方、陶磁器の産地の歴史について記しました。陶器や磁器などの焼き物は日本各地で古くから生産され、それらの陶磁器、また他の焼き物には様々な特徴があります。ノリタケなど日本各地で生産される陶磁器の他、歴史ある日本の陶器と磁器 焼き物についてもご紹介いたします。
ノリタケや大倉陶園は世界的な陶磁器メーカーであることは間違いありませんが、その歴史は焼き物の歴史の中では非常に新しいものです。
陶器や磁器などの焼物の中で世界で最も古いものは1万年以上前のもので、長崎県佐世保市の福井洞窟で発見されました。時代は縄文時代から弥生時代へ、焼き物は縄文式土器から弥生式土器へと発展していきますが、焼かれた時代と紋様の違いであり、焼物の技術的な進歩は何もありませんでした。
飛鳥時代になると朝鮮半島からb器の一種である須恵器(すえき)が伝わり窯も伝来します。それまでの野焼から火力が強く1000℃以上の高い温度で焼成することが可能になった窯の伝来と使用が焼物にとっては非常に大きな進歩です。
窯が日本に伝わって来たことにより、そこから土器を越えた様々な日本独自の陶器・磁器などの焼き物へと発展します。
8世紀には現在の愛知県地方で焼物の生産が盛んに行われるようになり、11世紀以降には信楽・備前・瀬戸・常滑・丹波・越前へ伝わりました。それらの陶器と産地は六古窯(ろっこよう)と呼ばれています。
16世紀になると豊臣秀吉が朝鮮出兵の際に現地から大勢の陶工を連れてきました。陶工たちは萩・唐津などを含めた日本各地の焼物の基礎を固めたのですが、最も大きな功績を残したのは李参平です。李参平は1616年に佐賀県の有田に良質な陶石を発見しました。そこが泉山採石場です。それまでの日本の焼物は陶器であり、磁器ではありませんでしたが、泉山磁石の発見により日本でも磁器が焼かれるようになりました。
陶器 清水焼
磁器 有田焼
後に、焼かれた陶器や磁器に絵付けすることが盛んに行われ古伊万里・古九谷へと発展し、絵付けされた有田の磁器はヨーロッパへ輸出され、輸出した港の名前から伊万里と呼ばれました。当時のヨーロッパには磁器がなく大変に珍重され、ヨーロッパの各地方では日本からの磁器を真似て作る研究が盛んに行われました。
後の18世紀にはドイツのマイセン地方でヨーロッパで始めて磁器が焼かれました。
1904年には輸出貿易を志していた森村市左衛門がノリタケを設立し、後の1919年には日本が世界に誇る洋食器メーカーである大倉陶園が設立されました。
ここに日本の近代陶業と日本の洋食器の歴史が始まりました。
ノリタケ

このサイトではノリタケなど日本の陶器・磁器のメーカーと産地、焼物の基礎知識を解説いたします。
それぞれのページには下記のリンクをご利用下さい。

ノリタケ
ノリタケ(Noritake) 大倉陶園
有田焼 京焼・清水焼 九谷焼 信楽焼
萩焼 美濃焼 瀬戸焼 備前焼
常滑焼 丹波焼 萬古焼 益子焼 笠間焼 砥部焼の歴史などについて 陶器 磁器 焼き物の種類 陶磁器の焼成 窯と炎
コーヒーカップ ワイングラス 子供食器

************************************************************************************************
当サイト内のコンテンツ(文章・画像・写真等)及び商標(ロゴマーク等)はノリタケショップ陶仙、(株)ノリタケカンパニーリミテド、(株)ノリタケテーブルウェア、(株)大倉陶園に帰属します。当サイト内のコンテンツの無断での使用(加工しての使用を含む)は固くお断り致します。またノリタケ 大倉陶園 共に商標の使用は一切お断り致します。

************************************************************************************************

ノリタケショップ陶仙
神奈川県 相模原市 中央区 横山 2-16-4
TEL・FAX 042-758-8585

Copyright ノリタケなどの陶磁器メーカーと日本の陶器 磁器 © 2014 NoritakeShop-Tosen. All right reserved.

sitemap-html